背景色▶




直接圧迫止血法
きれいなガーゼやハンカチなどを傷口に当て、 手で圧迫する。

大きな血管からの出血の場合で 片手で圧迫しても止血しないときは、 両手で体重を乗せながら圧迫止血をする。

ポイント
●止血の手当を行うときは、感染防止のため ビニール袋等を利用し、直接触れないようにする。
●ビニール・ゴム手袋の利用。それらがなければ、ビニールの買い物袋などを利用する方法もある。

 


止血帯法の手順
手足の太い血管損傷による出血で、
直接圧迫止血では止血が困難な場合に行う。
止血帯は、できるだけ 幅の広いもの(3cm以上)を用いる。

ポイント
●止血帯は、できるだけ幅の広い物(3cm以上)を用いる。
●棒などで固定したときは、止血時間を記録し、もし30分以上続ける場合には、30分に1回止血帯をゆるめ、血流の再開を図る。そして、出血が続いていれば、再び緊縛固定【きんばくこてい】を実施する。