背景色▶


消防本部


■消火活動 ■救助 ■救急 ■指令 ■予防



 消火活動
 
 火災現場では、現場到着すると同時に消防車を水の確保に有利な場所に配置します(水利部署)。建物火災等では、現場指揮本部を設置して、燃焼の規模や状態、風向き等の周辺の状況を踏まえ、被害を最小限に押さえる消火方法を考えます。
 火災拡大の恐れがある場合には、消火隊の応援要請等を行います。燃えていない周りの物や建物への延焼防止も重要な消火活動です。このように理論的な消防戦術を駆使して消火活動を行っています。

>>ページTOPへ戻る




 救助
 
 交通事故で挟まって出られない。火災で逃げ遅れた。仕事中に機械に手を挟まれた。エレベータが止まり閉じ込められた。山でケガをして動けない。海で溺れたり、増水した川に取り残された。などなど、例を挙げればたくさんあります。危険な状況・場所から脱出できない場合に、助け出すのが救助活動です。
 救助活動には、日々の訓練によって強じんな肉体と救助技術を身につけ、オレンジ色の服を着た救助隊(レスキュー隊)がその任務にあたります。消防に入ったら誰もがなりたいと思う、そんな救助隊は消防の花形的な存在です。

>>ページTOPへ戻る




 救急
 
 交通事故や一般負傷、急病等で動くことが出来ない傷病者を、適切な医療機関へ搬送します。医療機関に到着するまでの間に、正確な観察と迅速な判断、そして的確な処置をしていかに早く搬送するかが重要です。救急隊の中には、国家資格である救急救命士の資格を持った救急隊員がいて、より高度な処置を行って医療機関まで搬送します。
 救急出動は消防の中で最も出動件数が多く、年々増加傾向にあります。決してタクシー代わりに使わないでください。救急車が足りなくなり、緊急性、重症性高い事案が発生した場合に到着が大幅に遅れ、その傷病者の生死に関わることになるからです。

>>ページTOPへ戻る




 指令
 
 119番通報等を受信し、火災・救急の内容によって出動させる隊を即座に選別し、各署に消防隊、救助隊、救急隊の出動指令を出しています。
 出動後は、無線での現場誘導や詳細内容を指示したりします。また、その後の状況変化に合わせて応援出動の指令や警察などの他機関への連絡、非番職員の招集なども行います。その他にも災害に関する情報収集や、気象情報の受信・伝達業務などを行っています。「災害」に最初に接触する重要な役割を担っています。

>>ページTOPへ戻る




 予防
 
 ガソリンスタンドや工場などの危険物施設や、人が多く集まる大規模施設などを対象に、消火器などの消防用設備の点検、防火扉や避難通路に障害物がないかなど、法令等に適合しているかどうか調べます。また、新規建築物に対し消防設備等の設置指導や検査をしたり、危険物施設に対する許認可も行っています。
 違反があれば改善するよう指導し、改善に従わないなど、重大な違反に関しては行政処分を行ったりします。 このように査察・検査業務は、火災が発生しないように予防する重要な仕事なのです。

>>ページTOPへ戻る